Eijyu-BLOG

旅行・散歩・食べ歩きを中心に...

【5歳子連れハワイ旅行記】③子供と一緒に楽しみながら徒歩でホノルル「インスタ映え」スポットを巡りました

 

ホノルルの空港に降り立つと『あ~ハワイの匂い!』って感じませんか?

 

私は空港についてハワイの大地を踏む瞬間に感じる匂いがとても好きです。

 

さわやかな花の匂い...

ココナッツみたいな甘い香り。少し経つと鼻が慣れてしまい、感じなくなってしまうのですが、時々日本でもどこかのお店で似たような匂いを嗅ぐとここの降り立った景色がぱっと思い浮かんで来るくらい、印象的な香りです。

 

そんな気持ちに包まれながらタクシーに乗って初日に訪れたホテルは

 

ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ リゾート アンド スパ

www.hyatt.com

に宿泊。

高級感はあまりありませんが、立地はカラカウア通りに面したワイキキビーチの目の前という事もありラナイから広がる絵はがきみたいな景色でザ・ハワイって感じで申し分はありません。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 🌈eijyu🌺 (@eijyu2)

www.instagram.com

客層は私たちみたいな家族連れと新婚風カップルが多い印象でした。

 

チェックインの前にホテルに着いたので、ロビーで荷物を預け早速インスタ映えするスポットを探し歩きました。

 

初日はホテルから徒歩で歩いて行ける場所を探しましたので、子連れで多少ぐずっても訪れる事が出来るのでお気軽にどうぞ。

 

 Waikiki Beachside Bistro /ワイキキビーチサイドビストロの入口

f:id:eijyu-blog:20210214103610j:plain

名前の通り、ワイキキビーチのそばに位置しているカジュアルなレストランです。

ロコモコやプレートランチ、スムージーやシェイブアイスなど思い浮かぶ気軽なハワイ料理が一通りそろっています。また、イートインスペースもありますので、シェイブアイスなど食べながらゆっくりするのもいいと思います。

 

アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート脇のサーフボード

 

f:id:eijyu-blog:20210214103857j:plain

続いては同じカラカウア通りにあるアウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾートの脇の小道に並んでいるゲスト用のサーフボードです。さらに小道に奥にあるモンサラット通りにあった人気のスイーツ店「バナン」があったりするので、頻繁に歩行者が行き来しているので、シャッターチャンスは朝が良さそうです。

 

ロイヤルハワイアンホテル

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 🌈eijyu🌺 (@eijyu2)

www.instagram.com

こちらもカラカウア通り沿いにあるホテルです。

ホノルルでも老舗で古くからあるとても有名なリゾートホテルです。

「太平洋のピンクパレス」と呼ばれており、建物全体がピンク色をベースに統一されています。

宿泊した人しか利用できませんが、ピンク色のパラソルに包まれいている「マルラ二プール」は絶好のインスタ映えスポットです。一度泊まってみたい...

 

bikiストップ

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 🌈eijyu🌺 (@eijyu2)

www.instagram.com

ホノルルのあちこちにある鮮やかな水色のシェアバイクの「Biki Bike」。

最近はやりのシェアリングの自転車です。レンタルではなくみんなで共有するタイプになります。現在はワイキキやダウンタウンに100か所ほどある「bikiストップ」の好きなところに乗り捨てる事が出来ます。

都内にある赤い自転車の利用イメージに近い乗り物です。

私も歩いて行くにはちょっと遠いモンサラット通り沿いのお店に行くときに良く利用し、とても便利に利用することができます。

この「bikiストップ」も絶好のインスタ映えスポットとなります。色々な場所を探してお気に入りの場所を見つけるのもとても楽しいですね。

 

 

【5歳子連れハワイ旅行記】②仁川空港経由攻略法!空港&アシアナ航空機でグルメ三昧

こんにちは!

前回の記事はコチラ

 

eijyu.hatenablog.com

f:id:eijyu-blog:20210211094038j:plain

前回の続きで仁川空港に降り立ち、ホノルルの空港までどう過ごしたか!をご紹介いたします。

特に、子連れ旅行を計画してご参考になれたらうれしいです♪

実際に仁川空港でどう過ごしたか?

8歳と5歳の子連れということもあり、なるべく飛行機で眠れるような環境が大事だと思い、韓国へ入国し、無料のトランジットツアーでソウル観光などもしたかったのですが、子供たちの体力を温存してほしいと思い、空港で過ごす事にしました。

インチョンのフードコートで美味しく食べたいと思い、成田ー仁川便のフライトはフルーツミールを選択し、お腹に余裕を持たせて挑みました!

      

 

あっという間に仁川空港へ到着。

セキュリティチェックを抜けて、目的のフードコートへ向かいます。結構な混雑ぶりで、席を確保するのも一苦労です。

https://www.airport.kr/ap/ja/map/mapInfo.do?SN=2107

第1ターミナル 4階

お店はハンバーガーショップから、韓国料理、フォーのお店など4~5店舗ほど。

空港内は、ほとんどどのお店もクレジットカードで支払いOKですので、わざわざウオンに両替する必要はありません。

早速フードコートでメニューを選び、子供はフォー。

f:id:eijyu-blog:20210211094058j:plain



f:id:eijyu-blog:20210211094123j:plain



相方はビビンパ

f:id:eijyu-blog:20210211094151j:plain



私はスンドゥブチゲを食べました。

f:id:eijyu-blog:20210211094208j:plain



本格的なお味に大満足!

続いてこちらは韓国の屋台料理ソトックソトック(ソーセージと餅の串焼き)。ピリ辛で美味しかったです。リピしましたが、子供が辛いというので、次はソース無しを頼んだら、美味しく食べていました。(第1ターミナル 3階。12・14ゲート付近)

f:id:eijyu-blog:20210211094223j:plain



有名なキンパのお店もあります。相方はここですっかりキンパにはまりました。

f:id:eijyu-blog:20210211094237j:plain



トランスファーラウンジでシャワーで疲れをとる!

その後お腹も満たされ、程よい疲れを残しつつトランスファーラウンジにシャワーを浴びに行きました。こちらはなんと乗り継ぎ客は無料!!!

受付で搭乗券を見せる必要があります。もちろん乗り継ぎでない方も使えますが、有料になります。

やはり無料ということもあり、混んでいますので、時間に余裕をもっていくことが必要です。

私たちが行ったときは、私たちの前に3人ほど待っている人が。。。

私たちの受付後も続々と人が訪れ、長い方は「45分待ちになるわ」と受付のおばちゃんが言っていました。

待つこと10分程度、、、私たちの番になりました。

f:id:eijyu-blog:20210211094256j:plain



少しわかりにくいですが。洗面台に置いてある使い捨ての歯ブラシ・タオル・レンタルのドライヤーと、レンタルの歯磨き粉を渡されます。

①使用時間は1ブース30分以内 

②使ったタオルはここに置いてねーと言われました。

私たちは家族4人だったため、2人づつに分かれて2ブース使わせてもらいました。

記憶があいまいですが、全部で8ブースくらいありました。

f:id:eijyu-blog:20210211094309j:plain



ご覧のとおり、実際のシャワールームの中は2帖ほどの大きさ。写真にはありませんが洗面台の横にトイレ(洋式)があります。

シャンプー、ボディソープは備えつけのものがありました。

冬だったので少し寒かったです。。。

シャワーを浴びて気分もすっきり!!ホノルルへ向けてゲートに向かいます。

どんな旅になるか、楽しみでもあり不安でもありましたが、トランスファーエリアで快適に過ごす事が出来ました。

いよいよホノルルへ向け出発!機内食などのレポート

機内食などのサービスはどうなの?

 

実は、あまり期待しておりませんでしたがアシアナ航空機内食はとても美味しいです!

韓国の航空会社ですので韓国料理がメインですが、韓国風のおかゆやサンチュを巻いて食べるプルコギなど、韓国料理が好きな人も、そうでない人もきっと美味しく頂けると思います。

f:id:eijyu-blog:20210211094540j:plain



f:id:eijyu-blog:20210211094604j:plain



また、帰りの便では温かいステーキなどが選べて、メニューにこだわっていることがわかります。分厚く、やわらかく、本格的なステーキでした。また食べたいと思わせるメニューでした。

f:id:eijyu-blog:20210211094621j:plain



韓国のビールも美味しい!

機内では韓国のビールしかなさそうで、銘柄も選べそうではありませんが、今回は2種類のビールいただきました。

f:id:eijyu-blog:20210211094635j:plain

Cass FRESH(カス フレッシュ)

味はうすめですが、比較的苦みがあり濃いめの韓国料理に合いそうで飲みやすい味でした。

f:id:eijyu-blog:20210211094650j:plain



『Kloud(クラウド)』

苦みもしっかりあり、日本のビールほどではありませんが味も比較的濃く美味しくいただきました。ラベルに(Premiam)と書いてあるので、韓国では上級の部類なのかもしれません(知識が乏しくスミマセン!!)

なんとマッコリも飲める!

これもまた韓国飛行機らしく、機内食のアルコールのメニューにビールやワインに加え、マッコリも選ぶことが出来ます。なかなか空の上では飲む機会が無さそうですので、マッコリ好きでしたら特におすすめしたい一品です。

お得な経由便で成田→仁川(ソウル)ハワイへ!

多少の疲れも残りますが、やっぱり経由便はお得!!

日程の直前での購入ですとそんなに差は無いことも多いですが、前もって予約(おおむね半年以上)すると直行便と比較すると3割くらい、また予約日によっては半額程度までお得に購入できることもあります。

例えば今2020年2月現在で年末の航空券を検索してみました。以下は経由便と直行便の比較です。

f:id:eijyu-blog:20210211111428j:plain

直行便の最安は¥222,800ー

経由便の最安は¥125,140ー

¥97,800ーの節約


    

f:id:eijyu-blog:20210211111439j:plain

航空会社の違いもありますが、ご覧のとおり、半額近くもお安く購入することができます。

一人当たり10万円近くの節約することができ、何かと物価の高いハワイでは本当に助かります。

LCC以外でチケットの検索をするとアシアナ航空が最安な事が多いので、最近はアシアナ一択で利用しております。

 

【5歳子連れハワイ旅行記】①仁川空港 乗り継ぎ航空攻略法!トランジットラウンジで快適に

f:id:eijyu-blog:20210203215005j:plain

こんにちは。

ここ最近、年に1~2度くらいハワイに出掛けてますが、今までは全てホノルル直行便の飛行機で出かけておりました。

コロナ禍直前、2019年の年末から2020年のお正月にかけてハワイ旅行に出掛けました。

いつものように航空チケットの発売日にポチポチ探しましたが、予算内(家族4人で30万円台を目標)に収まるようなチケットが見つかりませんでした。

 

とは言っても1年で最も高い時期なので、予算内に収めるのは条件としては厳しいのは分かっておりましたが、少しでも節約のためツアーや航空会社のサイトを検索したところ、アシアナ公式サイトで予算に近い航空券がありました。

せっかくの仁川(インチョン)経由ですので、食を楽しもう!ということで、美味しく楽しく乗り継ぎをすることができました。

仁川空港乗り継ぎでも快適に!

韓国の首都ソウルにアクセスしやすい仁川(インチョン)国際空港ですが、サービスの質や日本各地の空港を繋いでいるので、特に日本からは出発するにはとても利便性が高い空港です。

 

調べてみると、世界の空港ランキングで毎年上位に顔を出している空港のようです。ちなみに韓国は日本との時差はありません。日本と同じ時間となります。

 

さすが空港の評価が高いだけあって、乗り継ぎの専用通路もとても分かりやすくスムーズに通過する事ができました。

f:id:eijyu-blog:20210203214713j:plain

なお、この空港は乗り継ぎ専用エリアがあり、お買い物や休憩エリアはもちろん、観光地巡りのツアーまで用意されています。

仁川の空港のセキュリティは厳しいか?

仁川空港でのお買い物も楽しいですが、と言ってもやはり成田空港の免税店でも買い物したいですよね。

 

そこで心配事が。。。

 

液体購入して仁川の空港のセキュリティチェックで没収されない?!ということです。

成田の免税店の店員さんに確認したところ、仁川のセキュリティチェックでは99%大丈夫!との軽い返答(汗)

 

99%の確率に賭け?て相方が300mlの化粧水2本セットを購入し、いざ乗り継ぎセキュリティへ!

 

賭けが当たり?なんてことなく通過することができました(笑)

 

乗り継ぎ客はトランスファーラウンジでゆったり寛げ、無料でシャワーが使える!

トランスファーラウンジでは、トランジット(乗継ぎ)のお客様を対象に、ソウル市内の無料観光ツアーを楽しめたり、無料のシャワー室(いずれも搭乗券を見せるだけでOK!)や仮眠スペースなどがあります。

 

航空会社により第一ターミナルと第二ターミナルに分かれておりますが、それぞれに乗り継ぎ客専用エリア(トランスファーアメニティなるラウンジ)があります。ちなみに今回は第一ターミナルに降りました。

 

トランスファーラウンジは仁川空港で乗り継ぎされる方はどなたでも利用できる施設となります。(但し、利用の際は必ず搭乗券が必要)

 

https://www.airport.kr/ap/ja/trn/trnServiceMain.do

 

無料で利用できる施設!

時間に制限はありますが、無料で利用できる施設は以下の通りとなります。

インターネットゾーン(0:00~24:00) 

無料インターネット・キオスク。エリア内に端末が設置されており、時間内であれば自由に利用できるエリアとなります。

シャワー室(0:00~24:00) 

個室タイプのシャワー室が利用できます。混み合っていることが多いようですので時間に余裕をもって利用されることをお勧めします。利用時間は30分以内と入口に書いてあり、利用する時にも言われますので時間は守ったほうがよさそうです。(今回利用

NAP Zone(0:00~24:00) 

睡眠用ベッドが並べられた部屋となります。スーパー銭湯などの仮眠室のようなゾーンとなります。

トランジットツアーサービス

観光する場所により、1時間から5時間ほどのコースに分かれており、ソウル市内などのショッピングや寺院などをめぐるツアーがあり、これらは全て無料で利用できます。

多くのコースが設定されており、滞在時間とお好みが合えば利用する価値がありそうです。いずれのツアーもある程度余裕があり、その場でも申し込みもできますが、定員に達したら締め切られますので、事前に予約をすることをお勧めします。

その際は荷物はそのまま預ける事は出来ますが、韓国の入国手続ぎと再度空港のセキュリティを通過する必要があります。

https://www.airport.kr/ap/ja/trn/trnTourMain.do

その他の無料サービス

キッズゾーン、韓国文化案内ゾーン、コンセント付き共同デスクなど

 

乗り継ぎ編のまとめ

仁川空港に15:55着、出発が20:20発と4時間半弱の滞在でしたので、トランジットツアーは利用せず空港内で食事と無料シャワーを利用させていただきました。シャワー利用時にドライヤーと歯磨きセットを渡されとても快適でした。シャワールームの詳細は②の記事でどうぞ!

また、有料ではありますが、飲食ができるスナックバーやトランジットホテル、スパ(マッサージ)なども用意されておりますので、これらを上手に組み合わせると更に快適なトランジットを過ごす事が出来そうです。

【4歳子連れ】上海ディズニー旅行記!④いよいよ入園 思ったよりマナーが良かった!

2019年のゴールデンウィークを利用して上海ディズニーランド(SHDL)へ行って来ました。

上海初日15時からの半日チケットを取得して入園しました。今回はその時の様子をお伝えします。

前回の記事はこちら

 

eijyu.hatenablog.com

f:id:eijyu-blog:20210202193034j:plain

https://setsuyakufamily.com/overseastrip/shanghaidisneyland2019-3

ホテル前のシャトルバスでディズニーパークへへ

いざ、SHDLへ

f:id:eijyu-blog:20210202193850j:plain

 

ホテル前の乗り場より無料バスが出ております!

ディズニー公式ホテルに宿泊している専用の無料バスみたいですが、チケットなどはなく、列に並べば乗る事が出来ます。宿泊者の識別はありませんので誰でも乗れそうです。ちなみに割込みする方はおらず、秩序よく並んでいました。

f:id:eijyu-blog:20210202193937j:plain



ディズニータウンとホテルのシャトルバスです。音もなくスーっと動いたので電気バスなのでしょうか。

この辺りは日本よりも進んでいる気がします。

f:id:eijyu-blog:20210202194045j:plain



こちらがディズニータウン側のバス乗り場です。

おおよそ15分~20分位の感覚でやってくるのでそんなに待つ感覚はありませんでした。

土曜日の14:30頃に到着したのですが、ご覧のとおりほとんど人はおりませんでした。

f:id:eijyu-blog:20210202194103j:plain



ようやくタウンに到着。少しずつテンションが上がってきます。

ディズニータウン内も楽しいスポットがいっぱい!

f:id:eijyu-blog:20210202194115j:plain



入園口に向かう途中に大きな池があり、そこに大きなドナルドが佇んていました。

近くに行くとかなり巨大です。

f:id:eijyu-blog:20210202194131j:plain



ミッキーの大きなカチューシャです。最新のディズニーランドだけあって、可愛くておしゃれな仕掛けがたくさんあります。

SHDLはインスタ映えする場所がたくさんあり、実際に色んな工夫をして写真を撮っている人たちがたくさんいました。とてもおしゃれなパークの印象を持ちました。

いざ、パークへ入場

f:id:eijyu-blog:20210202194146j:plain



ディズニータウンで写真を撮りながら時間をつぶし、15時の時間に合わせて入場。

バス停から一番近い入場口で正門から離れていておりますが、この時は私以外は誰もいませんでした。セキュリティチェックもすぐに終わり、あっという間に入場できました。

すいてるのかな?

ソアリンの待ち時間は?

f:id:eijyu-blog:20210202194159j:plain



まず最初はアドベンチャーランド(探検島)にあるソアリンに向かいました。

上海ディズニー公式アプリで見る待ち時間ですと15分と表示されています。

f:id:eijyu-blog:20210202194210j:plain



ソアリンの入口まで来ましたが、誰も並んでません。

一番混んでいるアトラクションでこの通りですから今日は空いてる日なんだと実感しました。

f:id:eijyu-blog:20210202194223j:plain



中に入ると岩に向かってこのような映像が映し出されていました。

f:id:eijyu-blog:20210202194237j:plain



上からの洞窟みたいな場所を10分程でくぐり抜け、最後の洞窟へ。

ここでは何やら物語や注意事項を説明しているようですが、中国語なので全く分からず。

この映像が終わったあと、すぐに乗車!入口から乗車まで15分弱といった所でしょうか。

混雑いている事を覚悟していたので拍子抜けです!!

結局この日は3回ソアリンに乗りました。

f:id:eijyu-blog:20210202194258j:plain



続いて世界で一番楽しいと言われているパイレーツオブカリビアンに。

ここは10分待ちと表示されていましたが、5分も掛からず乗る事ができました。

f:id:eijyu-blog:20210202194314j:plain



海賊の船に乗り込む雰囲気に掻き立てられます。

f:id:eijyu-blog:20210202194329j:plain

乗り場までもうすぐですが、ここまで本当にあっという間でした。

噂の通り、最新の映像やデジタルな仕掛けがふんだんにちりばめてあり、本当に楽しいアトラクションでした。

SNS映えするジェニックスポットがたくさん!

f:id:eijyu-blog:20210202194401j:plain



上海ディズニーランドは2016年にオープンした最新のパークですので、SNS映えを意識したようなジェニックスポットや壁・建物がたくさんあります。

f:id:eijyu-blog:20210202194544j:plain



続いて子供達が楽しみにしていた

『アリスインワンダーランド』の迷路!

こちらのエリアはインスタ映えの宝庫のようなスポットとなっています。

インスタされる方でしたら、丸1日歩きまわるだけでも非常に楽しい場所でもあり、むしろオススメしたいです。

私1人でしたらそういった時間を作っていたかも知れません。

ここからはいくつかフォトジェニックに思った写真をいくつかご紹介いたします。

パーク内のワッフル屋さん!

f:id:eijyu-blog:20210202194632j:plain



こちらのソフトクリームが濃厚でとても美味しかったです!

f:id:eijyu-blog:20210202194708j:plain



食べ物続きますが、こちらはベーコンチップ乗せ焼きとうもろこし!

f:id:eijyu-blog:20210202194721j:plain



アリスの迷路の中。

f:id:eijyu-blog:20210202194737j:plain



タウン内のディズニーストア!

f:id:eijyu-blog:20210202194805j:plain



こちらはシンボルのお城!夕方から夜にかけて...

f:id:eijyu-blog:20210202194820j:plain



f:id:eijyu-blog:20210202194840j:plain



f:id:eijyu-blog:20210202194905j:plain



ミニーの家

f:id:eijyu-blog:20210202194918j:plain



このブログのまとめ

日本から一番近い海外ディズニーで、世界で最も新しいディズニーパークでもあります。

マナーやサービスなど細かい違いはあるものの、新しいアトラクションや、最新の技術を使った仕掛けもふんだんにちりばめてありますので、一度は訪れる価値は間違いなくあります。

【4歳子連れ】上海ディズニー旅行記!③トイストーリーホテルへ宿泊 写真レポート付き

f:id:eijyu-blog:20210202193655j:plain



2019年のゴールデンウィークを利用して上海ディズニーランド(SHDL)へ行って来ました。

空港からタクシーで向い、ディズニー公式のトイストーリーホテルへ4泊宿泊しました。

今回は、上海初日トイストーリーホテルに宿泊の様子をお伝えします。

前回の記事はこちら

 

eijyu.hatenablog.com

 

到着したのはGW最初の土曜日。

国内含め、ディズニー直営ホテルに泊まったのは初めてです。

前回の旅行記で公式サイトより予約した事をお伝えしましたが、予約した内容や料金については以下のとおりとなります。

 
予約日:2018年7月24日
宿泊日:2019年4月27日~5月1日(4日間)
部屋タイプ:Garden View(ガーデンビュー)
宿泊人数:大人2人、子供2人
宿泊特典:2日以上の予約で25%OFFのキャンペーン適用
宿泊料:80,291円
サービス料:12,044円
合計:92,335円

フロントでチェックイン

チェックインからアトラクションが始まってる⁉

f:id:eijyu-blog:20210131110552j:plain

まずは入口で記念撮影。
 

f:id:eijyu-blog:20210131110517j:plain

 
フロントのチェックインでまず並び、到着したときは前に3組ほど並んでいて、受付まで7~8分程待ちました。ここでは英語で会話は問題なさそうですが、日本語はちょっと難しいかも知れません。
まぁこのあたりは言葉は通じなくても、何とかなってしまいますけどね!
フロントのすぐ脇にはKIDSスペースがあり、ディズニーのビデオを流していていまいた。子供たちは早速遊んでました。
 

f:id:eijyu-blog:20210131110645j:plain

 
受付している間に外でウッディが暇そうに歩いていたのが見えたので、急いで撮ってもらいました。
日本だったら一気に人が群がりそうですが、中国ではキャラクターにあまり興味がないようで、急いでいった割には他は誰も来なく長い間独り占めしてました(笑)

f:id:eijyu-blog:20210131110740j:plain

ロビーに入った瞬間からおもちゃが溢れています。チップを渡したくなる位スタッフ(キャスト?)さんの対応が良かったです。日本から来ても違和感がない水準の対応に思います。多少の日本語も通じます。
そして清潔感もあり、ほのかないい香りがしてました。ホテルに入った瞬間からパークにいる感覚が味わえます。

チェックイン後いよいよお部屋へ!

f:id:eijyu-blog:20210131110813j:plain

ウッディーと何枚か写真を撮ってもらい、チェックインを済ませいよいよお部屋へ。

f:id:eijyu-blog:20210131110856j:plain



フロントからエレベーターに続く廊下を渡り、

f:id:eijyu-blog:20210131110926j:plain



お部屋のある5階へ到着。

f:id:eijyu-blog:20210131111008j:plain



ジェシーがお出迎え!

f:id:eijyu-blog:20210131111033j:plain



カーペットからも歓迎してくれいるかのようです。

トイストーリー好きにはたまりません。

f:id:eijyu-blog:20210131111104j:plain



子供たちの恒例の儀式、お部屋に入ってまずベッドにダイブ!

ダイブの後ですのでしわくちゃになっている事をお許し下さい。

お部屋のアメニティや内装など

f:id:eijyu-blog:20210131111153j:plain



飲み物はこんな感じです。必要最低限そろってます。

水道のお水も飲めるようですが、滞在中は毎日4本置いていただけるので、このミネラルウォーターで過ごしました。このコーナーの下は冷蔵庫になります。

上にコンセントがあります。下段は中国で使うコンセントとなり、上段の半円が横向きになっている内側の平べったい部分に日本のコンセントが差し込めます。

最近の日本の電化製品も特にバッテリー系は100~240V対応しているのも多いのでそのまま使う事が出来ます。私のiPhone8もそのまま差し込んで使用してました。

f:id:eijyu-blog:20210131111252j:plain



木製の椅子2脚と支柱がプラスチックの木製丸テーブル。

f:id:eijyu-blog:20210131111315j:plain



壁には玩具総動員(トイストーリー)...!

f:id:eijyu-blog:20210131111622j:plain



床もアートでいっぱいに。

f:id:eijyu-blog:20210131111700j:plain



カーテンレールカバーには大勢のグリーンメンが見下ろしてます!!

f:id:eijyu-blog:20210131111814j:plain

f:id:eijyu-blog:20210131111910j:plain

 

洗面台のアメニティ。

歯ブラシ、石鹸、ミネラルウォーターと洗濯石鹸がありました。

f:id:eijyu-blog:20210131111854j:plain



続いてシャワールーム。上には家族4人では十分な量のタオル。

シャワーカーテンも玩具総動員してます。

f:id:eijyu-blog:20210131111944j:plain

バスタブはかなり浅め!

トイレはタンク上の銀色ボタンを強く押す必要があります。

とにかく音が大きいので子供達はビビッてなかなか押す事が出来ませんでした。

Wi-Fi環境は?

部屋番号とローマ字で名前を入れれば無料Wi-Fiに接続することが出来ます。客室は問題なく接続できますが、敷地内全て繋がるわけではないので若干電波が弱い感じがします。

ただ、Googleは中国では使うことができないので、ホテルのWi-Fiではそもそも繋がりません。使用する際は日本からレンタルしたWi-Fiに切換える必要があります

 

ホテル内でチケット購入が可能!

事前に公式アプリのインストールは絶対必須

上海ディズニーは公式アプリをインストールすると入園や一時退園・FPが全てスマホで行う事が出来ます。とても便利ですので、事前に取得することを強くおすすめします。

f:id:eijyu-blog:20210131112026p:plain

ホテル内でディズニーチケットが買うことができますので、公式アプリをインストールするとスマホ内にチケットを紐付けする事が出来ます。こちらのホテルで購入すると1人ずつ写真を撮ってチケットを発行します。スマホ内にQRコードが発行され、入園からファストパスまでアプリで簡単に取得することが出来ます
アプリでファストパスが取れるのは本当に便利です。(現在はTDLTDSでも公式アプリが立ち上がっていますのでアプリで予約することが出来ます)
この辺りはアナハイムのシステムと近いですね。なお、上海では最大5人まで1台のスマホでチケットの紐付けが出来ます。
チェックイン当日はホテルでゆっくりする予定でしたが、子供たちも元気にパークに行きたいといったので、急遽15時からのチケットを購入し、翌日は市内観光を予定していたので、滞在3日目と4日目の2日券を購入しました。
また、公式ホテル宿泊特典として1日1回のファストパスが付きましたので、私たちはソアリンのファストパスにしました。

f:id:eijyu-blog:20210131112102j:plain

このカードも同時に発行され、紐付けされていますので、このカードでも入場・一時退場、ファストパスでの入場が出来ます。持ち帰り可能です。

この旅行記のまとめ

ホテルについて

トイストーリーホテルは日本のディズニー公式よりもとてもリーズナブルに宿泊することができます。

また、サービスも素晴らしく清潔でキャストさんもとても感じが良く快適に過ごす事ができました。

なんと言ってもディズニー公式ホテルなので15分のアーリーチェックインが出来る事もとても魅力でした。次回もまた泊まろうと思うホテルでした。

 

【4歳子連れ】上海ディズニー旅行記!②空港からタクシーに乗車 注意点も

2019年のゴールデンウィークを利用して上海ディズニーへ行って来ました。

宿泊先は、ディズニー公式のトイストーリーホテルへ4泊宿泊しました。

今回は、空港からトイストーリーホテルに到着した辺りについてお届けします。

前回の記事はこちら

https://eijyu.hatenablog.com/entry/shanghaidisneyland2019-1



空港からタクシー乗り場へ 

2時間少々のフライトで上海浦東国際空港に降り立ち、タクシーでホテルに向かいました。

上海に来たのは2006年1月以来となりますのでおよそ13年ぶりとなります。

その頃の記憶がかなり薄れていますが、空港自体が随分拡張され広くなった感じがします。案内看板も中国語の簡体字がなんとなく理解出来たりしして、英語と併記されている場合も多いので、迷う事は少なそうに思います。

タクシー乗り場は到着口出るとタクシー乗り場までルートに沿って案内看板があります。写真内下の案内看板がタクシー乗り場の案内となります。

ちなみに上の看板の酒店は中国ではホテルの事を指します。つまり、ホテルまでの乗り合いバスの案内看板です。酒屋の案内ではありませんのでご注意を(笑)

上の写真がタクシー乗り場の出口です。子供たちは海外に来た感覚が全くないのか、走り回って先に行ってしまったりしていました。

25番出口を降りてすぐに乗り場があります。この乗り場から乗るタクシーは安全です。

私たちが乗った時は案内係の方がいて実際に乗るタクシーの前まで案内されました。日本語はもちろん、英語も通じないので手振り身振りで乗る意思を告げました。

乗り場に着いた時は誰もおりませんでしたのですぐに乗車することが出来ました。案内係の方、タクシー運転手さんとても礼儀正しかったです。

こちらが実際乗ったタクシーです。上海の街中で大手タクシーはこの車種を多く見かけました。(1つ前のGOLFトゥーラン)

 

タクシーに乗る際の注意点

上海のタクシーは比較的安全で安価に乗車できますのでとてもオススメです。ただ、いくつか注意する点もありますのでそちらを押さえていただくと、より快適に乗る事ができます。

呼び込みのタクシーには絶対乗ってはいけない。

以前に訪れた時よりもだいぶ少なくなった印象ですが、こういった呼び込みで乗せようとする人がどこからともなく現れてきます。恐らく白タクか個人タクシーなのでこのようなタクシーには絶対乗ってはいけません。

実際私は乗った事がありませんのでどのような対応をされるのか不明な部分はありますが、少なくともぼったくられるリスクはありそうです。

タクシーの色に注意!(明るい色のタクシーがおすすめ)

上海のタクシーは大手、中小・個人の会社を合わせて多くの会社があるようです。

タクシー会社によって車体に色分けされて、私たち観光で訪れる際はあらかじめ、タクシーの色を選んで乗る事がおすすめです。多少の経験も踏まえて私がおすすめする色のタクシーを順番に記します。なお、カッコ内はタクシー会社の名前です。

①水色(大衆)一番おすすめ

②白色(錦江)

③黄色または金色に近い黄緑(強生)

④青色(海博)まぁまぁ、若干古い車が多い気がします。

⑤緑またはうすい緑色(巴士)あまり走ってませんが、一応大丈夫だと思われます。

これらのタクシーは上海で大手と呼ばれる会社で、秩序を保ち一定水準を満たしておりおすすめです。特に①~③のタクシーは悪い印象がありませんでした。④、⑤のタクシーは若干運転が荒かったりほんの少し運転手の水準が上の3社のタクシーより落ちるような印象があります。まぁそれでも不満が出るような程では無いと思いますが...!

中小共同で運営している赤色の法蘭紅もまずまず安心といわれていますが、タクシーなのに真っ黒なフィルムが貼ってあったり、少々くたびれた印象のある車が多く、不安が拭えなかったので私たちは避けてしまいしました。エンジ色(小豆色)は主に個人で経営しているタクシーが一般的ですが、秩序が守られていない印象があり、圧倒的にエンジ色のタクシーがトラブルが多いので、観光に訪れた際には並んでても次の人に譲る位に避けた方が無難です。また、呼び込みで乗った看板の無いタクシーは白タクの可能性大ですので、絶対乗ってはいけません。

続いて車内の環境ですが、ダッシュボードにホコリが積もってたりが前のお客さんが放置されていたゴミが落ちてたり、座席のシートカバーも若干くすんでたりしてますが、気になるほどではありません。日本のタクシーの水準で考えてしまうと清潔感が薄れてしまうのかも...。ニオイは感じませんでした。

また、運転手によって道に詳しくない方もいらっしゃいますので、長距離の場合は事前にググって目的地近くの道路名をタクシー運転手に見せる方がいいかも知れません。(なお、中国は通常の回線でGoogleが使用できませんので旅行者用の特別回線のWiFiを事前にレンタルする必要があります

道が分からない運転手もいて運転はかなり荒め!

以前訪れた時は、周りの車もとても荒く後ろからクラクションを鳴らしたり、パッシングをされたりかなり自分本位な車が多い印象でしたが、現在はクラクションの音も大分聞こえなくなり、運転マナーが随分よくなったように感じます。あくまでも少なくなっただけで、運転が荒い車を未だよく見かけました。

また、高速道路では結構なスピードで車間詰めたり、ウェイボーでチャットしながら運転したり(日本で言うLINEにチャット機能を持たせたようなアプリ)ハラハラする運転が多いので車で寝るのは注意が必要です。(気をつけようがないと言えばそうなんですが...!)

また、道が分からいのか、スマホの地図アプリを一生懸命駆使して走る運転手さんもいらっしゃるので、特に長距離を走る際は遠回りさせられないようにある程度、私たちも位置を把握している必要がありそうです。

領収書は必ずもらう!

忘れ物や後々トラブルになった時にレシートがあるとスムーズになります。特に忘れ物につきましては手元に戻ってくる確率が格段に上がってきます。必ず機械からジャカジャカと出てきたレシートを受け取って下さい。

いよよトイストーリホテルに到着 

まさかの道が分からず!!

タクシーに乗車後、日本から用意したトイストーリーホテルの地図と住所の入った案内図を運転手さんに見せましたが、全く場所が分からないらしく、スマホで検索したディズニーランドの中国語表記で『上海迪士尼乐园』を見せても通じず、場所はおろかディズニーランド自体が全く知らない様子でした。運転手さん自身のスマホの地図アプリとこちらの渡した地図と照らし合わせてようやく理解したような感じでした。

世界中で有名なディズニーを知らないなんて...!

後から調べて分かったのですが、上海のタクシーは道路名を伝えるのが一般的で、住所を伝えても通じないようです。それにしてもディズニーランドが知らないとは、全くの想定外でした...!

運転中、常にチャットで誰かと会話をしてました。

スマホの画面を見ていると、LINEのようなアプリ画面で、運転手さんが会話されている途中で相手側にコメントのような文字が現れたり、写真が出て来たりしていました。上海の運転手さんはどの車も皆走りながら会話されていました。これが中国では当たり前のようです。

看板が見え、間もなく到着

ホテルの看板が見えてきました。ホテルは近いようです。中国語表記はトイストーリーホテルは『玩具総動員酒店』となります。

玩具が総動員している酒店、何となく意味は通じますね。

ついに上海迪士尼楽園(上海ディズニーリゾート)に到着!

トイストーリーホテルまでまもなくです。

ついに到着!

ちなみにホテルは公式サイトより予約しました。

https://www.shanghaidisneyresort.com/en/hotels/toy-story-hotel/rates-rooms/

(英語サイト)

この旅行記の続きはこちらへ

トイストーリーホテルに到着した初日の様子をお伝えしております!

https://setsuyakufamily.com/overseastrip/shanghaidisneyland2019-3

 

 

 

・記事内容は執筆時点の時点となります。内容が変わっている事も考えられます。最新の内容をご確認ください。
・特に海外旅行に行かれる際は安全確保のため「外務省 海外安全ホームページ」などでに最新情報の入手を努め、十分注意を払ってください。
[affi id=5]

【4歳子連れ】上海ディズニー旅行記!①航空チケット購入編

f:id:eijyu-blog:20210130063926j:plain

ゴールデンウィークは何年も相方の実家に帰省が定番でしたが、2019年に限っては元号が変わるための大型連休となる事を想定しておりました。いつものように1年以上前から計画を練り、会社の休日が不確定のまま思い切って海外旅行の計画を立ててしまいました。

定番のハワイ旅行を考えておりましたが、ハワイ行きの飛行機代をポチポチして探してたところ

 

なんか来年GW前後の飛行代が高いわね~!

と言う事で、計画早々に断念。

それなら普段行かないような所へ行こうと考えて、計画時に持っていたANAのマイレージでどの辺りに行けるかと調べていたら、陸のポイント活動で稼いだ50,000マイルが残っており、調べてみる近場の東アジアに2名くらいの往復分がマイルで行く事ができそうでした。検討の結果、家族が大好きなディズニーを盛り込んで、今回は上海ディズニー+ちょこっと上海観光旅行に決まりました。

そういう訳で、2人分のマイルしか貯まっていなかったので、私と上8歳の子供はマイルを使用。相方と下4歳の子供は正規チケットを購入して行く事を決めました。

往路は4人一緒にANA便。復路はマイルを使用した私と上の子供はAIR CHINA便(中国国際航空)、相方組はANA便で20分ほどの遅い時間差でしたが、空港に着いて入国手続きを済ませ、到着口のベルトコンベアでスーツケースが来るのを待っている間に合流することができました。

 搭乗日の355日前に申し込むことができます。

何故、家族で別便?

スターアライアンス加盟航空会社を使うと成田から上海の往復が繁忙期・閑散期関係なく1人20,000マイルANA便のみでの往復は時期により変わり、旅行予定日は繁忙期にあたるので23,000マイルでした。

回りくどい言い方してしまいましたが、簡単に言うと行きまたは帰りの便をANA以外にすると1人3,000マイル少なく行けるという事です。

航空会社を変えるだけで、僕たちマイレージ組は2人分合計6,000マイルを節約する事ができるので、家族で別便にすることにしました。

早い時期に購入すれば正規でも十分リーズナブルです。

航空チケットを出来るだけ早く買った方がいいと感じていただける記事を書いたので、ご参考にしていただけたら嬉しいです!

 

eijyu.hatenablog.com

 

今回使用したマイル 

マイル使用の私たちは別便(ANA以外のスターアライアンス加盟航空会社)を使う事により、2人分合計6,000マイル少なく行く事ができました。

今回航空代の内訳は以下の通りとなります。

往路ANA 復路AIR CHINA

使用したマイルは、 エコノミー往復2人 20,000マイル×2=40,000マイル

①マイルを使用した際の諸経費(2人分)

航空運賃 マイル使用のため 0円

旅客サービス施設使用料 4,180円

空港税 1,560円

航空保険料及び燃油特別付加運賃(燃料サーチャージ) 11,120円

旅客保安サービス料 1,040円

合計 17,900円

マイルで購入しても諸経費はやっぱりかかるのね!

②相方グループの正規チケット購入代(2人)

航空運賃 61,300円

旅客サービス施設使用料 3,140円

空港税 1,560円

航空保険料及び燃油特別付加運賃(燃料サーチャージ) 10,400円

旅客保安サービス料 1,040円

合計 77,440円

今回の航空運賃は①+② 総合計95,340円となりました。

ちなみに2日後のANAのホームページでチケットを検索したら以下の値段となっています。

 

f:id:eijyu-blog:20210202193411j:plain



この旅行記のまとめ

GWとお盆休みの違いはありますが、同じハイシーズン価格となります。検索の結果2人で355,330円となりました。

例としては極端な部分もありますが、私が購入した同じ行先で正規チケットを購入するタイミングで、今回のように20万以上の開きがある場合もあります。

 

マイルも節約できたし、飛行機代もリーズナブルに購入することができたので言う事ありません♪

この旅行記の続き、『②空港からタクシーに乗車 注意点も』編はこちらへ

 https://eijyu.hatenablog.com/entry/shanghaidisneyland2019-2